• 【祝!!ユネスコ無形文化遺産登録】遊佐の小正月行事など
    ユネスコ無形文化遺産 登録
    来訪神 仮面・仮装の神々
     重要無形民俗文化財
    遊佐の小正月行事 アマハゲ

     
    2018年11月29日にモーリシャス共和国の首都ポートルイスで開かれた国連教育科学文化機関(ユネスコ)の政府間委員会は、日本が無形文化遺産に提案していた「来訪神 仮面・仮装の神々」の登録を決定しました。「来訪神行事」は、「遊佐の小正月行事」や「男鹿のなまはげ」(秋田県男鹿市)、「甑島のトシドン」(鹿児島県薩摩川内市)など全国10件の重要無形民俗文化財で構成されています。
     
    来訪神行事は、面や被り物、泥などをまとったものが「来訪神」となって、正月などの年の節目となる日に家々を訪れます。新しい年を迎えるにあたって怠け者を戒めたり、家や人々に幸せや福をもたらしたりする行事です。遊佐町では、吹浦地区の女鹿、滝ノ浦、鳥崎の3集落で受け継がれています。
     
    アマハゲとは?(遊佐町役場webサイトへ移動します)
     
     
     
  • 〒999-8301 山形県飽海郡遊佐町遊佐字舞鶴211番地 TEL.0234-28-8257 FAX 0234-72-3315
  • Copyright All Rights Reserved. このサイトに記載している記事、写真等あらゆる情報の無断複製・転載を禁じます。